誰でも憧れるぱっちりな瞳|信頼できるクリニックの探し方【二重整形は費用よりも効果を重視】

誰でも憧れるぱっちりな瞳

カウンセリング

施術を受ける前に

整形後に後悔なんてしたくない人のために知っておきたい注意点が幾つか存在します。最初に自分がなりたい二重にはどんな施術法が適しているのかを確認しておきましょう。要するに整形するにもどんな施術を受けるか決めなくてはいけません。施術の特徴やダウンタイム、費用も確認しておくと自分でも満足できる二重になれます。二重の施術法としては埋没法や切開法があります。埋没法はまぶたの中に糸を埋め込んで二重のラインを形成する簡単な方法です。しかも、まぶたが腫れることも少ないです。切開法は二重のラインになる箇所を数cm切開することになります。なので、まぶたが腫れる時間が埋没法より長いです。ただし、長時間状態を維持することができます。比べてみると、埋没法は施術後の腫れが少なく施術費用もリーズナブルでお手軽な整形といえます。その分、年数がたつと元の一重に戻ってしまう可能性があります。施術後の保証期間なら施術を受けたクリニックなどで施術を受けなおすことができます。施術を受ける前に施術後の保証期間を設けているクリニックか確認しておきましょう。その方が安心して施術を受けることができるはずです。何度も施術を受けたくないのなら切開法が妥当です。確かに切開法は費用が比較的高額でダウンタイムが長い施術になります。ダウンタイムはまぶたに腫れが出る期間のことをいいます。埋没法や切開法ではダウンタイムの長さが違うので注意しましょう。ただし、腫れを抑えたり早く引かせたりするための対処法もあるので試してみるのもいいかもしれません。二重を整形する人は大勢います。何故、二重の整形が人気なのかというと、費用が安価で手軽にできるからです。各クリニックの特徴によって値段にも変化があります。つまり、安価といってもクリニックによって値段が微妙に変化します。値段を確認しておくと必要になる費用も用意しやすいです。施術によって値段も違います。埋没法は医療用の糸をまぶたに埋め込んで二重を作ります。メスを使わないので頻繁に行われています。「2点止め」や「3点止め」といった糸の数によって呼び方が違います。ダウンタイムというまぶたの腫れがある時間が短いのも埋没法の特徴です。相場といえば5万から10万程度で受けることができます。値段は糸の本数やアフターケアによって変化します。それに麻酔が別料金の場合もあるので細かいところも確認しておきましょう。カウンセリング前に必ずチェックしておくべきです。切開法は目の上の皮膚を切ってから縫合します。くっきりとした二重のラインを作ることができます。ただし、二重が定着するまで、長いと1年ほどかかる場合があります。相場としては25万ほどになります。切開方法によっては値段に変化があります。なので、事前に確認しておくことが重要です。埋没法の場合は3年から5年後に一重に戻る可能性があります。ちなみに確率としては50パーセントです。切開法ではもとにもどる可能性が低いとされていますがその分、費用が高額になります。自分が希望するデザインによって施術法もカウンセリング時に医師と相談すべきでしょう。